Home>40歳で発症率上昇?!薄毛を進行させるAGAとは

男性ホルモンと深い関係のAGAとは

イメージ左

通常の男性ホルモンの10から100倍の毛根破壊力?

男性型脱毛症と呼ばれるAGAとは、成人男性によく
見られる症状です。「頭髪が薄くなる」AGAには、
3つのタイプがあります。一つは、額の生え際から徐
々に薄毛になっていくタイプ、頭頂部を中心に髪の毛
が薄くなっているタイプ、そしていずれの症状も混合
させているタイプとなりす。

6年を数ヶ月に萎縮?AGAの恐るべき特徴

イメージ右

正常なヘアサイクルとは、2年から6年という
時間を使い髪の毛をぐんぐん成長させ、その後
2週間から3週間で、生産量や活動を止める、
休止期と退行期を迎えます。このように一定の
作業を繰り返すことにより、強くて丈夫な髪の
毛が作られます。しかし何らかの原因で、通常
の数百倍もの毛根破壊力を持つ男性ホルモンを
分泌するAGAとは、2年から6年の成長期を
わずか数ヶ月足らずで、打ち切るという異常事
態を発生させます。

AGA脱却のカギとなる「DTH」とは

イメージ左 AGAの原因、つまり、毛根破壊力を持つ男性
ホルモンを攻略する事さえ、できれば、深刻な
薄毛やハゲの症状が未然に防げる。そのカギと
なるのが、DTH「ジヒドロテストステロン」
です。DTHについては、未だ不明な点も多い
のが現状。しかし生活習慣や洗髪の仕方そして
自分に適した育毛シャンプーを取り入れる事で
AGA予防、脱却は不可能ではありません。

40代で急激に深刻するAGA。今こそAGA
にどう対処すべきかを考える時期なのでは?

ページ概要

育毛ランキングサイトでは、年齢とともに、深刻化するAGAに関するさまざ
まな情報を詳しく掲載しています。これまでAGAとは、「100%遺伝的要因に
よるもの」と言った情報が多かった事から、ハゲや薄毛の悩みを抱えていた方は、改善の
見込みがないと、失意のどん底だった事でしょう。しかし、AGAの原因が、
「ジヒドロテストステロン」というホルモンである事が、明らかになった今、
この男性ホルモンの異常分泌さえ抑制できれば、AGAの予防、そしてこれ以
上の進行を止める事は、不可能ではないのです。すでにハゲや薄毛の状態が深
刻な人も、これから訪れるであろうAGAに対処したい方にも、有益な情報を育
毛ランキングサイトでは、紹介しています。早い段階で、自分に適した育毛ケ
アを取る事さえ、できれば、AGAもさほど怖いものではなくなると思われます。
年齢に関わらず、いつまでも強く、太く、そしてふさふさの髪の毛を保持することは、
不可能ではありません。今やるべきことをすることによってAGAは未然に防げます。