Home>早期発見・早期処置がカギ!AGA予防2つのポイント

発症を遅らせるために必要なAGA予防法

イメージ左

普段のあれを変えるだけ!それがAGA予防の第一歩

早くて10代、30代前後でピークを迎えるAGA。
男性ホルモンの血中濃度が高まる事が原因とされてい
ますが、それだけではありません。常日頃からの頭髪
のチェック、シャンプーや洗髪、食生活の見直しだけ
でAGAのリスクは低くなります。何度も言いますが
、AGAは対処が早ければ怖いものではありません。

【ポイント1・頭皮に負担をかけないシャンプー選び】

イメージ右

男性ホルモンの分泌については、個人差があるので自
力でコントロールする事は正直難しいでしょう。しか
し、男性ホルモン以外の要因で起こりうるAGAにつ
いては、予防次第で、確実にそのリスクを遠ざける事
は可能です。中でも、もっとも手っ取り早く行えるの
が、シャンプーの見直しです。今お使いのシャンプー
は、丈夫で健康な髪の毛を育てるのに、最適頭皮環境
を整えられるのか?紫外線や汗、汚れやストレスに打
ち勝つだけの成分なのか?そして自分の髪質や頭質に
適しているのか、もうよく一度よく考えてみよう。

【ポイント2・髪の毛に良い生活習慣を取り入れる】

イメージ左 薄毛やハゲの方に共通する事に頭皮の脂っぽ
さがあります。ストレスや体調が原因でもあ
りますが、食生活も大きな要因となります。
外食やコンビニ、ファーストフードなどを好
んでいる方の場合、頭皮が脂っぽくなるとい
うデータがあります。また喫煙飲酒、睡眠不
足なども頭皮環境の悪化を招きますので、規
則正しい生活を送るよう努力しましょう。

生活習慣の見直しだけでAGA予防ができる
ならば「早期に行う」ただそれだけの事です。

ページ概要

男性ホルモンの異常分泌によりAGAを発症すると、自分の手ではどうするこ
ともできません。しかし、それ以前にしっかりとしたAGAに対する予防を取
ることによって、そのリスクを大幅に下げる事はできます。それが例え、ご家
族、親族にAGAの遺伝子らしき症状が確認されるような事があったとしても
不可能な事ではありません。事実、シャンプーの見直しと、生活習慣の改善だ
けで、AGAの要因とされる頭皮の脂っぽさ等を解消し、40代、50代いう
現在も尚、黒くふさふさの髪の毛を維持している方は、少なくありません。日
常生活のちょっとした見直しをするか、どうかよって、今後の人生が大きく変
わる。なら、早期に行うことに大きな意味と価値があります。育毛ランキング
サイトでは、AGA予防に悩んでいる方にお勧めの育毛シャンプーを厳選して
紹介しています。今お使いのシャンプーでは、おそらく、AGA予防は不可能
です。自分に必要なのはどのようなシャンプーなのか改めて見極めて下さい。